総合解体工事業

建物解体工事においては、地元はもとより首都圏など全国に数多くの実績があります。長年培ったノウハウと、豊富な重機類を駆使し、それぞれの建物に最適な解体工法を提案いたします。

工事実績一覧へ

保有機材一覧へ

弊社は、建物の大型化への対応、より安全な工事を行うため、重機の大型化、工法の組み合わせを行い工事を施工しております。

【解体用大型重機 ZX1800K】

平成27年3月に2台目となる解体用大型重機
日立建機ZX1800K(バケットサイズ5.2m3)が導入されました。

【ワイヤーソー・ウォールカッター】

弊社では、工事現場周辺の環境や、現場状況に配慮し、最適な工法で工事を行います。 その一例がワイヤーソー工法です。この工法の特徴は、騒音、振動、粉じんが少なく、 大型や複雑な形状の鉄筋コンクリートなどの切断も可能です。そのため、この工法を 従来の重機解体工法と組み合わせて、工期の短縮、安全な工事を行います。

 

産業廃棄物処理

産業廃棄物処理業においては、建設系産業廃棄物をはじめ、各種産業廃棄物、医療系廃棄物まで、 あらゆる産業廃棄物の収集運搬、処分を適正処理しております。
多様化する廃棄物とリサイクルのニーズを受けて、焼却を行う弥栄工場では、焼却プラントに加え、 燃え殻を溶融しスラグ化、無害化を行う溶融炉を併設しております。
単体品目ごとの受け入れが中心の原町リサイクルセンターだけでなく、今後ますます高まる高選別、 高リサイクル率のニーズに応え、2017年度には、豊橋市冨士見町に建設系混合廃棄物をターゲット とした大型リサイクルセンターの開業を予定しております。

【弥栄工場(いやさか) 中間処理施設(焼却)】

焼却能力は日量(24時間稼働)約50t。建設系産業廃棄物をはじめ、医療系廃棄物まで多種類におよぶ 産業廃棄物を処理しております。 また、併設する溶融炉では、焼却処理にて発生する燃え殻を1500℃の高温で完全に溶融し、スラグ化 を行います。スラグは、セメントの材料やアスファルトの材料、またあいくる材認定を受けている 「スラグ入り再生砕石(RC-40)」の原料となります。

【原町リサイクルセンター 中間処理施設(選別・破砕・造粒固化)】

原町リサイクルセンターでは、廃棄物の種類、性状に合わせて5つの処理ラインが配置され、破砕機、 風力・磁力・振動選別機、粉砕機等により品質の安定した精度の高い資源化に取り組んでいます。

【(仮称)冨士見リサイクルセンター 中間処理施設(選別・破砕・造粒固化)】

「極限までの機械化と選別と…」をコンセプトに、リデュース・リユース・リサイクルの 3Rの構築に必要とされる多機能なシステムをこのリサイクルセンターに集約しました。 極限の再資源化を実現し、未来のコアステーションとして環境保全、地域経済の発展に貢献 していきます。

レンタル重機一覧 移動式破砕機、選別機

弊社が所有する、機材をレンタルしております。
Doppstadt(ドップシュタット)、日立建機㈱製のがれき処理の選別機、 破砕機、自動式スクリーンを貸し出します。
破砕機としては、Doppstadt製 AK435K DW3060K 日立建機㈱製 ZR260HC
選別機としては、Doppstadt製 SM720 SM620 日立建機㈱製 VR516FS
を所有しております。

 

弊社保有 移動式破砕機 選別機 一覧

ーカー 機種名 用途 台数
Doppstadt AK435K 二次破砕(木くず、竹) 1台
Doppstadt DW3060K 破砕 2台
Doppstadt SM720 回転式選別(トロンメル) 3台
Doppstadt SM620 回転式選別(トロンメル) 2台
日立建機 VR308 選別(フィンガースクリーン) 1台
日立建機 ZR260HC 二次破砕(木くず、竹) 1台
日立建機 VR516FS 選別(フィンガースクリーン) 1台

弊社保有 移動式破砕機 選別機写真抜粋

重機の現在の貸し出し可能台数、詳細な性能などは、下記電話番号まで問い合わせください。
お問い合わせ番号 0532-48-3718 担当:堀